Macトラブル絶滅宣言! 〜 最強のシステムを創ろう!

このコンテンツは、いつ起るか判らないMacのトラブルに対して予め備えをしておく、という
『予防編』の意味合いを持っています。
『Macのトラブルは回避できないし必ず起きる』、と割り切ってイザという時のために
始めから『トラブルに強いMacのシステム』を創ることを目指します。
考え方は、こうです。



・日常使うシステム + 緊急時用のシステム の二つを(最低限でも)用意しておく。
・『システムフォルダー』の中身を別途でバックアップして保存。
・Macの調子がおかしくなったら、バックアップの中からシステム関係の書類を上書きコピー
 して修復する。

                           …ということです。そのために…、


・§1.で、パーティション分けに関しての話しを、
・§2.で、実際に内臓ハードをパーティション分けする一例を、
・§3.で、システムフォルダーの中身を一個丸々とバックアップ用として保存する方法を、
・§4.で、実際にシステムフォルダーの中身の上書きの方法にについて、書きます。




慣れるまでは、ちょっと手順が多くて難しいと感じるかもしれません。
少々の勇気と度胸が必要かもしれませんが、一度はやってみて損はしないと思います。
勿論、ここに書かれていることが全てではありません。皆さんのiMac/iBookにとって
最良のシステム作りの一助にお使いください。一緒に頑張りましょうヽ(^o^)/

トップページに戻る



…とそのまえに。。。(^^ゞ

緊急補足『えっ? パーティション、まぢ切らんといかんの?』頁増補
 大変お手数かけますが、パーティション切る前に、1度目を通して下さい。
 必ずお読み戴けましたら、と思います。
 私のある意味の『本音』になります。よろしくお願い致します<(_ _)>
…実はここが一番重要だったりして。。。(^^;




第1章 Macに複数のシステムを!(解説編)

§1-1 Macintoshのハードをパーティション分けしよう!
     
Macが最悪な時でも“動く”Macのシステムを/Macのハードを区切ろう!
§1-2 Macパーティション分けのメリット!
     
パーティション分け、その4つの効用!/イザという時のために、システムをまるまる保存!
§1-3 Macintoshの初期化の凡例
§1-4 iBook、iMacのパーティション分け参考
     
参考/複数のパーティションを切るときの留意点



第2章 実際にパーティションを分ける(実践)

§2-1  実際に、iBook(3GB)想定のパーティションを切ろう!
§2-2 パーティション分けのためのドライブ設定の使い方   その1
§2-3 パーティション分けのためのドライブ設定の使い方   その2



第3章 バックアップ用のシステムを作る(実践)

§3-1 システムのインストールと切り替え方
      ・MacOSのインストール
      ・
起動ディスクの使い方
§3-2 予備のシステムを創ろう!
      貯蔵用システムの作り方
      ・
貯蔵システムを『保存用』に変換する
       ・
MacLHAを使ったやり方
         ・
MacLHAの補足
       ・
DiskCopyを使ったやり方
       ・
Stuffit圧縮を使ったやり方
§3-3 システム貯蔵のまとめ
§3-4 最前線からの報告! 〜ラベリングをしよう



第4章 上書きレストアの方法について(実践)

§4-1 上書きレストアの方法について
     
修復ツールで治らないとき!
      ・
起動ディスクの切り替え方
      ・
パーティション分けしたディスクの初期化
§4-2 上書きの基本操作(最重点項目)
§4-3 その他の上書き
     
日本語表示がオカシイ場合
      ・通信関係がヘンな場合
      ・CD-ROM関係
      ・まとめとして('-^)